育毛剤 BUBKA ブブカ

育毛剤 BUBKAと5αリダクターゼ

薄毛の原因には男性ホルモンが深く関わっているということは周知の事実ですが、男性ホルモンは全ての男性に存在しています。
ではなぜ全員が薄毛にならないのでしょうか。

 

男性ホルモンの中でも薄毛の原因とされているのが、テストステロンというホルモンです。
このテストステロンの分泌量が多い人ほど男性型脱毛症と呼ばれる薄毛の原因になると言われています。
しかし、このテストステロン自体には脱毛効果はなく、5αリダクターゼという酵素と結び付いてジヒドロテストステロン(DHT)に変化することで、脱け毛が増えたり、薄毛などの症状が起こるということが分かってきました。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)生成の要因となっている5α-リダクターゼの分泌量は個人差があることが分かっていますので、この5α-リダクターゼの分泌量が、薄毛になるか、ならないかの分岐店でもあると言えるのです。

 

つまり、薄毛になる人の違いは、5α-リダクターゼの分泌量の多さにあると言うことができます。
そして、この5α-リダクターゼが生成されやすい体質が受け継がれているというのが現在の最有力説となっています。これが、薄毛が遺伝するといわれる所以なのでしょう。

 

薄毛は遺伝と諦めてはいけません

このことから、薄毛は遺伝というのは半分当たっているのですが、半分は間違いなのです。

 

このDHTの感受性が高い人は毛根の細胞の働きを萎縮させしまうことは、遺伝的要素となりますが、正しくは『薄毛になりやすい体質』が遺伝として受け継がれるわけですので、適切な手だてを講じておけば、必ずしも薄毛になるとは限らないのです。

 

また、家族を見渡しても誰も薄毛の人がいないのに自分だけ薄毛になってなってしまった人も最近は増えてきました。
このことからも薄毛の遺伝による影響は20%程度という報告もあります。

 

現代社会におけるストレスや食事の栄養バランスの悪化,不規則な生活によるものだったり,頭皮が硬いための血行不良を招くといったことによる体質遺伝も薄毛の原因でもあります。

 

だから薄毛は遺伝と諦めてはいけません。

 

5α-リダクターゼという還元酵素によりテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換されることによって、髪の毛の成長が阻害されてしまいます。
毛根のタンパク質合成を阻害し、毛乳頭の作用を低下、皮脂の過剰分泌による毛穴の詰まりを誘発することになります

 

男性ホルモンそのものが悪いわけではなく、いかにDHTに変換させないかが大切です。
育毛で、回復するの為には、最も重要なポイントでもあります。

 

オウゴンエキス

そこでお薦めするのが、育毛剤 BUBUKAです。

薄毛の原因は様々ですが、いかにDHTに変換させないかも重要です。
そのためには5αリダクターゼという酵素を抑制することも大切なのです。

 

このレセプターとの結合を阻害する活用に期待できるのが、オウゴンエキスです。
5αリラクターゼの還元を77%阻害することに成功したのが、育毛剤 BUBUKAです。

 

今なら、生えるまでキャンペーン中です。
もし肌に合わない場合は、購入後30日以内でしたら商品代金を全額返金できる制度もありますので、安心して試せます。

 

育毛剤 BUBKA公式サイトはこちらこちら本気で育毛するなら濃密育毛剤 BUBKA
ブブカ育毛剤


トップ ブブカ実践中 お問い合わせ